ツーバイフォーとは | ニューライズ

耐震性・耐風性

ツーバイフォー工法は、構造用製材を枠組みし構造用合板を打ちつけ、床パネル・壁パネル・屋根パネルの6面体で構成することにより、地震や台風の外力を建物全体に分散し受け止める構造になっています。

基礎はべた基礎を採用し家の荷重を基礎底板全体で受け止め湿気やシロアリを防ぎます。

耐久性

ツーバイフォー工法は、ほとんどの構造用製材に含水率19%以下の日本農林規格に基づく乾燥材を使用しており、室内外の温度差などで起こる結露は木材の腐朽やカビの原因となり耐久性を損なうことから、壁内結露を防ぐために湿気が入らないように対策を行います。

耐火性

木造でありながら燃えにくく外から来る火や室内で発生した火にも強い構造です。

室内の壁や天井に耐火性の高い石膏ボードを使用し、火の通り道となる床や壁の枠組材が一定間隔で空気の流れを遮断するファイヤーストップ構造のため、火が燃え広がることをくい止めたり遅らせます。

ツーバイフォー工法は、T構造(耐火構造)のためH構造(通常木造)より火災保険料が半分以下になります。

断熱・省エネ

構造用製材の枠組材間に断熱材を充填することで構造体自体を断熱化しやすく、熱の出入りが一番多い開口部は高断熱サッシを採用することで断熱性が高まります。

断熱性能を高めることにより、外気の温度に影響を受けなくなり暖冷房費が少なく抑えられ、室内の温度差を小さくすることによりヒートショック対策になります

気密・遮音

ツーバイフォー工法は、床パネル・壁パネル・屋根パネルを隙間なく組み立てる構造のためもともと高い気密性を確保しやすく、同時に室内の音が漏れにくく外からの騒音を入れない音の出入りを効果的に防ぎます。

2階建て以上では、吊天井方式で上階床と下階天井に空間を設けて、音がダレクトに伝わるのを防ぎます。